令和6年度「生活困窮者への緊急支援活動助成」/社会福祉法人 中央共同募金会

助成団体社会福祉法人 中央共同募金会
助成事業名令和6年度「生活困窮者への緊急支援活動助成」
助成対象社会情勢のさまざまな要因による物価高騰や感染症の影響が長期化する中、経済的に困窮し、社会的孤立の状態にある方々は厳しい生活環境にあります。生活福祉資金コロナ特例貸付の償還が2023年度から開始されましたが、引き続き生活再建が困難な方が数多くいます。

また、借受人のなかには償還免除等の手続きが行えていない人や、支援が必要な状態であっても自立相談支援機関等の相談窓口につながっていない人も多くいます。こうした人々に支援を届けていくためにも、自立相談支援機関や社会福祉協議会、社会福祉法人・福祉施設、ボランティア・NPO等の多機関が連携した相談支援やアウトリーチ等、支援に繋がるためのきっかけづくりが求められています。

本助成では、そのような生活にお困りの方へ生活相談時に配布するための食料・日用品の整備や、これらの配布を通じたアウトリーチ等の活動を対象に、緊急的な支援を行う団体に助成します。

☆応募の対象となる団体☆
・以下の道府県に所在する、社会福祉協議会、社会福祉法人・福祉施設、生活困窮者支援を行うボランティア団体・NPO 等(法人格の有無は不問)
・当助成の対象となる団体(中央共同募金会への応募)

【道府県名 】
秋田県、埼玉県、石川県、山梨県、静岡県、滋賀県、徳島県、熊本県

【対象となる団体】
社会福祉協議会、社会福祉法人・福祉施設、ボランティア団体・NPO 等
・団体としての活動実績が6カ月以上ある団体であること
・団体名義の振込口座を持っていること
・団体自らが独自の事務局を持っていること
・オンラインによる申請および助成決定後の連絡がメールのみで可能なこと
・特定の宗教や政治思想を広めることを目的とする団体、反社会的勢力 ※3 および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
※3 反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。

☆助成の対象となる活動☆
物価高騰や感染症の影響の長期化等、社会情勢のさまざまな要因により、生活に困窮している方々を対象とする下記の活動を対象とします。
・食料や日用品の配布事業を通じたアウトリーチ、相談事業
・生活困窮に関する相談事業(電話代、SNS サービス利用料の通信運搬費等)
・生活相談に来られた方へ緊急的に配布する食料品・日用品等の整備、保管
・生活に困窮している方を把握するためのアプローチ、つながるためのきっかけづくり
(アンケート、電話、訪問等)
助成金額・1 件あたりの助成金額は 10 万円以上とし、上限額は 50 万円とします。 ・助成総額は 2400 万円を予定します。(中央共同募金会による助成分)
助成内容等☆助成事業の対象期間☆
2024 年4月 1 日~2025 年3月31日

☆応募方法☆
・応募締切日までに、下記サイト経由で「e応募」にアクセスし、必要事項を記⼊の上、以下の A~J の書類をアップロードして送信してください。(郵送による応募は受け付けません)

・応募書のダウンロードおよび「e応募」へのアクセスは下記 URL をご覧ください。
https://www.akaihane.or.jp/?p=36852

・はじめて「e応募」から応募する場合は事前の団体登録が必要です。
下記 URL より「e応募」へアクセスし、「新規登録はこちら」より登録してください。
団体登録には、下記の A、B の書類をアップロードしていただきます。登録に不備がある場合、応募締切日の当日は対応が出来かねる場合がございますので、登録は早めに済ませてください。

・「e応募」団体登録・ログイン画⾯ https://hanett.akaihane.or.jp/josei/login


※詳細については『社会福祉法人 中央共同募金会』ホームページ参照。
募集時期2024年 8⽉1⽇(木)必着
リンク先https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-problem-solving/36852/