第26回 地球倫理推進賞/一般社団法人 倫理研究所

この募集は終了しています。

助成団体一般社団法人 倫理研究所
助成事業名第26回 地球倫理推進賞【A国際活動部門】【B国内活動部門】
助成対象―地球倫理とは―
「地球人の、地球人による、地球人のための倫理。これを地球倫理と呼ぼう」――
1985年、倫理研究所会長・丸山竹秋が月刊誌『新世』の巻頭論文で、はじめて「地球倫理」を提唱しました。 地球倫理とは、平たくいえば、地球全体を視野に入れた倫理のこと。 人間も含めたすべての自然的存在物に対する「生きる道」のことです。山、川、海、空気、水、日光、動物、植物、家、道路、道具……など、人間をとりまく、あらゆる存在のおかげで生きている私たちです。人間対人間のみちを越え、地球に存在するすべてのものに対する人間のみち。それが「地球倫理」です。

【資 格】
当該の活動が、営利を目的とせず5年以上継続し、教育・文化・医療・環境・地域開発などの分野において、地球倫理の推進に貢献している団体(自薦・他薦を問いません)
助成金額表彰盾ならびに副賞(100万円)を贈呈。併せて文部科学大臣賞を授与。
助成内容等※詳しくは、『一般社団法人 倫理研究所』ホームページ参照。
募集時期2022年8月31日(水)必着
リンク先https://www.rinri-jpn.or.jp/news/