令和4年度 子どもゆめ基金助成金【二次募集・子どもの体験活動】/独立行政法人 国立青少年教育振興機構

助成団体独立行政法人 国立青少年教育振興機構
助成事業名令和4年度 子どもゆめ基金助成金【二次募集・子どもの体験活動】
助成対象☆助成の対象となる活動☆
 子どもの健全な育成を図ることを目的に、令和4年4月1日以降に開始し、令和5年3月31日までに終了する、次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。

(1) 子どもを対象とする体験活動
◆体験活動
①自然体験活動…子どもたちが自然に触れ親しむ活動を通じて、自然への理解や興味関心を深めること
②科学体験活動…子どもたちが理科や科学に触れ親しむ活動を通じて、科学等への理解や興味関心を深めること
③交流を目的とする活動…子どもたちが異年齢や異世代の交流、地域間の意図的・計画的な交流等を通じて、互いの理解を深めること
④社会奉仕体験活動…子どもたちが社会に積極的にかかわる活動を通じて、思いやりの心や豊かな人間性・社会性を育むこと
⑤職場体験活動…子どもたちが職業を体験することを通じて、働く意義や目的を探究することや望ましい勤労観・職業観を育むこと
⑥総合・その他の体験活動…意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動を通じて、子どもたちの総合的な力を育むこと

(2) 子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
◆フォーラム等普及活動
体験活動や読書活動の振興方策等を研究協議するフォーラム、体験活動や読書活動の普及啓発を図る講演会などが該当します。
※フォーラムとは、あるテーマをもとに基調講演や公開討論などのプログラムを実施する活動のことです。
◆指導者養成
体験活動や読書活動の指導者・ボランティアとして活動する方を養成する研修会、すでに指導者やボランティアとして活動している方のスキルアップを図る研修会などが該当します。
※申請書には、指導者養成事業の全体像がわかるようなカリキュラム表を添付してください。また、実績報告書には受講者名簿を必ず添付するとともに、受講者が実際に指導者として活動した指導実績の把握・保管に努めてください。

※防災教育やSDGsの推進等への体験活動は、各分野の趣旨に合わせて申請してください。

☆助成の対象となる団体☆
 次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。
(1) 公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
(2) 特定非営利活動法人
(3) 上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
  ① 国又は地方公共団体
  ② 法律により直接に設立された法人
  ③ 特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
(4) 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体
助成金額※限度額は「別紙様式1―B」で申請の場合、50万円となります。※詳しくは、『独立行政法人 国立青少年教育振興機構』ホームページ参照。
助成内容等☆助成の対象となる経費☆
 助成金の交付の対象となる経費は、活動を実施するために真に必要な経費(謝金、旅費、雑役務費、その他の経費)とします。

令和4年度助成活動の募集は、〈一次募集〉と〈二次募集〉に分けて実施し、それぞれの対象となる様式や活動期間、申請期間はホームページの表をご覧ください。
※一次募集で申請・採択された団体も、二次募集に申請することが可能です。
※二次募集では、【別紙様式1-B】のみでの申請となります。
※二次募集では10月1日以降に開始する活動しか申請できませんが、一次募集では10月1日以前に実施する活動と、10月1日以降に実施する活動のどちらも申請することが可能です。

※詳しくは、『独立行政法人 国立青少年教育振興機構』ホームページ参照。
募集時期①郵送申請:2022年5月1日(日) ~ 2022年6/14(火)消印有効       ②電子申請:2022年5月1日(日) ~ 2022年6/28(火)17時締切
リンク先https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/index.html