せとうち「ゴミ箱になった海」再生化プロジェクト2022 IN なると

海ゴミをゼロに!瀬戸内海を守るためにできることって何だろう?

せとうち地域海ゴミ活動報告&海環(知る+学ぶ+ツナガル)フォーラム開催

 

せとうち「ゴミ箱になった海」再生化プロジェクト2022 INなると

瀬戸内海の海ゴミに向き合う、ツナガル新たな「せとうち会議」

 

プラスチックごみによる海洋汚染をよくニュースなどで目にすることもあるかと思いますが、瀬戸内海も例外ではありません。瀬戸内海に流れ着くごみの量は、
年間4500トンにもなると言われており、その多くは川から海に流れ出る、私たちの日常生活から出ているものです。
そしてこのままのペースで増え続けると、魚よりもごみの量が上回るとも言われています。プラスチックごみは海の生態系を崩すだけでなく、漁業や観光にも悪影響を及ぼします。

 

さぁ!!海ゴミをゼロに 一人ひとりができることを

 

■開催日時■  2022年11月27(sun)13:00~16:30(受付)12:30

■開催場所■  〒772ー0003 徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜165-10 

うずしお会館(鳴門市産業振興センター)第一会議室☎088ー685ー2826

 <概要> ・せとうち/地域海ゴミ活動団体報告(近畿/中国/四国)

            ・問題提起/基調講演 愛媛大学大学院理工学部

                          片岡智哉準教授

※「陸域から海洋へのプラスチック流出削減策の研究」

■参加申込■下記迄(☎・📧))ヨロシクデス(締切11/20)

     

■主催・運営事務局//NPO法人環境とくしまネットワーク

〒772-0051 徳島県鳴門市鳴門町高島字462番地

☎080-5666-2276 FAX088-687-2276   
📨jikuu@amail.plala.or.jp

 

※本活動は、2021~2023年 第16回「TOTO水環境基金」助成を受け開催します

ゴミ箱になった海チラシ