2021年国際交流基金地球市民賞/独立行政法人国際交流基金

この募集は終了しています。

助成団体独立行政法人国際交流基金
助成事業名国際交流基金地球市民賞
助成対象公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問いませんが、地方自治体は対象となりません。

***対象分野***
①文化・芸術による地域づくりの推進
 日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて、豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など。

②多様な文化の共生の推進
 外国人の多様な文化(言語教育を含む)を理解、尊重し、ともに豊かで活気のある地域やコミュニティを築いて いこうとする活動など。

③市民連携・国際相互理解の促進
 共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の連携や相互理解を進める活動など。

全国より、自薦/他薦にて広く募集します。(どなたでも応募できます!)
助成金額正賞(賞状)と副賞(1件200万円)
助成内容等国際交流基金地球市民賞(以下、地球市民賞)は、1985年に創設され、本年度で37年目を迎えます。
これまで112団体が受賞され、さらなる飛躍のきっかけとなるとともに、地域の活性化、地方創生にも貢献しています。
全国各地で、国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディアを交換し、ともに考える団体を応援します。

♦♦♦選考ポイント♦♦♦
1)先進性
国際文化交流の一つのモデルとして、他の団体の参考となる活動であること。

2)独自性
独自のアイディアを活かした活動であること。

3)継続性
少なくとも3年以上、着実な活動をしてきていること。

4)将来性
今後も着実で活発な活動が継続されることが見込まれること。

5)社会に対する影響力
社会的な広がりや浸透力のある活動であること。
募集時期2021年8月2日(月)<郵送の場合は、当日消印有効>
リンク先https://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/