2022年度 緑の募金事業【次世代育成公募事業 「次世代の森づくりを担う人材育成事業」】/公益社団法人 国土緑化推進機構

この募集は終了しています。

助成団体公益社団法人 国土緑化推進機構
助成事業名2022年度 緑の募金事業【次世代育成公募事業 「次世代の森づくりを担う人材育成事業」】
助成対象☆対象となる活動☆
森林ボランティア、里山保全団体及びNPO等による以下の活動
❶国内外の森と人を元気にする活動
❷地球の緑を増やし、地球温暖化防止や生物多様性保全に貢献する活動
❸森づくりのリーダーを育てる活動
❹森や里山で子どもたちを育むことができる活動

☆対象となる団体の要件☆
❶自主的、組織的な活動で事業を完了できること。
❷交付金の使途に係る条件遵守が確実であること。
❸営利を目的としない民間団体で、次の1から5の要件をすべて満たしていること。
 1.定款、寄付行為またはこれらに準ずる規約を有すること。
 2.団体の意思を決定し、要望に係る活動を執行する組織が確立していること。
 3.自ら経理し、監査することができる会計組織を有すること。
 4.活動の本拠としての事務所を日本国内に有すること。
 5.反社会的勢力ではないこと。

☆対象となる活動期間 ☆
2022年7月1日(金)~ 2023年6月30日(金)

♦♦♦次世代の森づくりを担う人材育成事業♦♦♦
■該当する事業
◇高校生・大学生などの若者が、 森林や樹木を保全し増やしていく活動に参加することにより、将来の森づくりのリーダーを育てていくことをめざす以下の活動。※❶から❸の全てを満たすこと。
❶高校生・大学生などの若者が、 里山などの保全、森林での植栽・保育・間伐などの活動、 住居・学校等の生活・教育環境への樹木の植栽など、森林整備や緑化推進の活動に参加する事業で、森林・林業分野で働きたいと考えている者にとっては体験の機会となるもの。
❷高校生・大学生などの若者が中心となった団体、或いは若者とともに活動を実施しているボランティア団体等が企画・実施する事業。
❸植栽された樹木の維持管理など、 活動の成果の継承が計画されている事業。
助成金額年間助成額(1事業あたりの上限額):200万円
助成内容等緑の募金とは・・・
豊かな緑と水に恵まれた健康で文化的な暮らしを将来にわたって享受できるよう、全国の学校、地域、街頭や店頭の募金箱、振込用紙、企業等を通じて寄せられた募金を活用して、国内外の市民による自発的な森づくり活動や緑で子どもたちを育む活動を支援します。


※詳しくは、『公益社団法人 国土緑化推進機構』ホームページ参照。
募集時期2022年2月1日(火) ~ 2022年3月15日(火)
リンク先https://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2022.pdf