第11回杉浦地域医療振興助成募集【活動分野】/公益財団法人 杉浦記念財団

助成団体公益財団法人 杉浦記念財団
助成事業名第11回杉浦地域医療振興助成募集【活動分野】
助成対象☆助成の趣旨☆
新型コロナウィルスのまん延により、医療・介護福祉サービスの提供現場では、新たな課題対応に迫られました。
財団では引き続き、医師、薬剤師、看護師等の医療従事者、及び介護福祉従事者等の多職種が連携して、「地域包括ケアの実現」「健康寿命の延伸」の推進に寄与する活動を助成します。

☆選考対象☆
「地域包括ケアの実現」「健康寿命の延伸」に関する住民参加型の活動で、既に行っている、又はこれから行おうとしているものを対象とします。
多職種協働の範囲としては、保健・医療・福祉等の従事者間のものに限らず、行政、非営利団体、企業等との連携も可とします。
本財団として期待する活動例は、特に高齢者人口が急激に増加する都市部での在宅医療に関する活動、介護予防などの連携に関する活動、在宅患者の医薬品の適正使用に対応する連携に関する活動等です。
講演会、ワークショップ等の開催のみでなく、実際の連携活動の推進をしていることを期待しています。

☆応募資格☆
①日本国内で活動する個人又は団体、とりわけ、高齢者人口が急激に増加している都市で地域医療従事者等として実際に業務を行っている多職種の皆様の応募を期待しています。
②同一活動内容に関する申請は、1 件に限ります。
③既に本助成を受けた同一個人又は団体が、2 年連続で同一内容の助成を申請することはできません。
④他団体(科学研究費等)から同一内容で助成を受けている、又は助成を申請中の場合は、応募書類に必ず記載してください。
助成金額活動は、総額250万円で、1件につき50万円を限度とします。  ※研究については、募集要項、応募申請書が異なります。
助成内容等※2022 年 2 月 28 日まで受付いたしますが、2 月 28 日付近の受付は混み合うことが予想されます。
早めの応募をお願いいたします。

☆助成金の使途☆
助成対象となった活動に直接必要となる費用に対する助成とします。但し、下記のものを使途とする助成は対象外です。
①パソコン、デジタルカメラ、ビデオカメラ、プリンター、ソフトウェア、机、椅子、かばん等、通常備えるべき設備備品を購入するための経費。
②申請者及び共同活動者への給与、謝礼金。
③組織等の一般管理費。

☆助成対象期間☆
2022 年 4 月 1 日(金)から 2023 年 3 月 31 日(金)までの 1 年間とします。



※詳しくは、『公益財団法人 杉浦記念財団』ホームページ参照。
募集時期2022 年 1 月 1 日(土)~ 2022 年 2 月 28 日(月)
リンク先https://sugi-zaidan.jp/smf/reward-new/#grant