第18回 「オーライ!ニッポン大賞」(団体・個人)/一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構(都市と農山漁村の共生・対流推進会議)

助成団体一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構(都市と農山漁村の共生・対流推進会議)
助成事業名第18回 「オーライ!ニッポン大賞」(団体・個人)
助成対象募集の目的
(1)都市住民のゆとり、やすらぎ志向による農林漁業体験、農山漁村交流へのニーズに応えつつ、高齢化・過疎化が進行する農山漁村地域の活性化を図るために、都市と農山漁村に住む双方の人々の交流を盛んにし、自然にふれあう充実したライフスタイルを人々が実践する都市と農山漁村の共生・対流の取り組みが各地で進められています。「都市なくして農山漁村の安定なし、農山漁村なくして都市の安心なし」都市と農山漁村が互いに信頼しあいながら助け合うそんな共生・対流活動の裾野が広がっています。
 都市と農山漁村の共生・対流推進会議では、「都市側から送り出す活動」、「都市と農山漁村を結びつける活動」、「農山漁村の魅力を生かした受入側の活動」を実践している方々(オーライ!ニッポン大賞)や、Iターン等により農山漁村において個性的で魅力的なライフスタイルを実現している方々(ライフスタイル賞)を表彰するとともに、優れた取組事例を幅広く普及することで、各地における共生・対流に向けた様々な活動を一層促進することを目的に「オーライ!ニッポン大賞」を実施します。

(2)また近年、各地を襲う自然災害が多発しており、被災地復興を支援するボランティア活動から当該地域の活性化に発展した例や田園回帰・関係人口(自分のお気に入りの農山漁村地域に定期的に通う、あるいは頻繁に通わなくても何らかの形で農山漁村地域を応援してくれるような人たち)を創出するような取り組み、さらに、今般の新型コロナウイルス感染症の蔓延もあり、都市農村交流事業や農山漁村体験学習の機会の中止、延期が多数でているなかで、対前年比を大幅に下回る交流事業成果であっても過去の実績を考慮しての評価や新たな活動への着手など将来に期待する活動も評価するものとします。

☆募集の対象☆
募集対象は、「オーライ!ニッポン大賞」(団体・個人)と「オーライ!ニッポン ライフスタイル賞」(個人)の2種類です。

★オーライ!ニッポン大賞
都市と農山漁村の共生・対流に関する取り組みのうち、「都市側から人を送り出す活動」、「都市と農山漁
村を結びつける活動」、「農山漁村の魅力を活かした受け入れ活動」等を通じて、都市と農山漁村の共生・対
流の拡大に寄与した実績、効果及び持続性の高い団体又は個人を募集の対象とし、次の3部門を設定します。
(部門は複数重複して応募可)

新型コロナウイルス感染症の蔓延もあり、都市農村交流事業や農山漁村体験学習の機会の中止、延期が多数でているなかで、対前年比を大幅に下回る交流事業成果であっても過去の実績を考慮して、評価するものとする。
また、本年度の厳しい状況下において、将来を見据えた新たなオンラインによる都市農村交流、関係人口創出、さらにコロナ禍において注目されている、農山漁村地域でのテレワーク、サテライトオフィス、休暇を取り入れながらテレワークするワーケーション、SDGs 等の新たな取り組みにチャレンジにも評価するものとする。
ア 学生若者カツヤク・都市のチカラ部門
・主に30代くらいまでの若者の活躍によって推進されている活動や主に都市側からの働きかけによって推進されている活動
・例えば、棚田保全や棚田の活用など地域と連携して取り組む活動など。
・想定される応募主体は、大学、小中高校、各種学校、子ども会、クラブ活動、サークル、ボランティア組織、NPO、学生ベンチャー企業、都市側の企業、自治組織、市町村、学校等等(法人格の有無は問いません)
イ 交流イノベーション部門(コロナ禍での工夫等)
・新型コロナウイルス禍により、新たにはじめられた農山漁村支援の取り組み
・関係人口創出に向けた新たな取り組み (関係人口とは、自分のお気に入りの農山漁村地域に定期的に通う、あるいは頻繁に通わなくても何らかの形で農山漁村地域を応援してくれるような人たち)
・起業、創業等農山漁村を舞台に都市との交流の取り組み
・その他、これまでにない都市と農山漁村の交流やライフスタイルを推進すると取り組み
ウ 農山漁村イキイキ実践部門(法人格の有無は問いません)
・主に農山漁村側からの働きかけによって推進されている活動
・想定される応募主体は、農山漁村側の企業、NPO、ボランティア組織、自治組織、市町村、学校等
助成金額グランプリ(内閣総理大臣賞) 1件 副賞15万円、オーライ!ニッポン大賞 3件程度 副賞5万円、審査委員会長賞 3件程度 副賞3万円
助成内容等☆都市と農山漁村の共生・対流に関する優れた取組を表彰します。
個人でも団体でも応募できます。団体は法人格の有無を問いません。

グランプリ(内閣総理大臣賞) 1件 副賞15万円
オーライ!ニッポン大賞 3件程度 副賞5万円
審査委員会長賞 3件程度 副賞3万円
(副賞は賞金です。)
3つの部門で募集します。(部門を重複して応募できます。)

★学生・若者カツヤク・都市のチカラ部門
主に30代までの若者の活躍や主に都市側からの働きかけによって推進されている活動。

★交流イノベーション部門(コロナ禍での工夫等)
・新型コロナウイルス禍により、新たにはじめられた農山漁村支援の取り組み
・関係人口創出に向けた新たな取り組み
(自分のお気に入りの農山漁村地域に定期的に通う、あるいは頻繁に通わなくても何らかの形で農山漁村地域を応援してくれるような人たち)
・起業、創業等農山漁村を舞台に都市との交流の取り組み
・その他、これまでにない都市と農山漁村の交流やライフスタイルを推進すると取り組み

★農山漁村イキイキ実践部門
主に農山漁村側からの働きかけによって推進されている活動。
オーライ!ニッポン大賞は、都市と農山漁村の交流の取組すべてが対象です。様々な分野からの応募をお待ちしています。
たとえば、グリーン・ツーリズム、企業・大学等の社会貢献、コミュニティ活動、2地域居住や定住の促進、起業と雇用(農林漁家民宿・レストラン等)、環境保全(棚田や里山・里海など)、教育(体験型教育旅行、キャリア教育、環境教育等)、農商工連携、伝統文化や食文化の発掘・保全・活用、医療福祉との連携、等々。


※詳しくは、『一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構』ホームページ参照。
募集時期2021/1/29~2021/3/24(水曜日)まで(当日消印有効)
リンク先https://www.kouryu.or.jp/information/ohrai18th.html