2021年度 子どもの安心・自信・自由を守る基金助成【調査研究】/認定NPO法人 新潟NPO協会

助成団体認定NPO法人 新潟NPO協会
助成事業名2021年度 子どもの安心・自信・自由を守る基金助成【調査研究】
助成対象目 的
「子どもの安心・自信・自由※1 を守る基金」は、心とからだを傷つける暴力から子どもを守る取り組みを支えるためのしくみです。子どもが育っていく上で大切な 3 つの権利”安心・自信・自由”を守るための予防教育活動を支援していくことを目的としています。基金にご寄付いただいたお金は、全国の予防教育プログラム「CAP※2」に取り組むグループや、これから取り組みたい個人の方への助成、また各種調査研究、普及啓発活動に活用していきます。
※1.安心・自信・自由(Safe,Strong,Free)は ICAP の登録標語です。
※2.Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちがいじめ・虐待・体罰・誘拐・痴漢・性暴力といった様々な暴力から自分の心とからだを守る暴力防止のための予防教育プログラムのことです。

☆助成の対象事業☆
【人材育成】CAP の専門知識を持った「CAP スペシャリスト」を育成するための講座受講費を支援します。
【基盤強化】CAP プログラムを地域で展開するための開催経費を支援します。
  ※ただし、行政等からの受託事業の不足経費分の申請は認められません。
【調査研究】専門家等と連携した、CAP による予防教育活動に関する調査研究プロジェクトを支援します。
   助成限度額は、20 万円または所要資金の 80%のいずれか低い方の額とします。
【普及啓発】CAP による予防教育の重要性を伝えるための普及啓発活動について支援します。
   ただし、助成限度額は、10 万円または所要資金の 80%のいずれか低い方の額とします。


☆助成の対象者☆
以下の 2 つのパターンのいずれかに該当するもの
①CAP トレーニングセンター(★J-CAPTA または CCJ)単独
②CAP トレーニングセンター(★J-CAPTA または CCJ)と研究者が共同

☆助成の対象経費☆
①謝金…外部の専門家に助言等を行ってもらう場合の謝金。ただし、研究プロジェクト参加者の人件費は、助成の対象とはなりません。
②旅費(交通費及び宿泊費)…研究プロジェクトの参加者、外部の専門家の国内旅費。日当、食費などの諸費用は、助成の対象とはなりません。
③通信・運搬費…電話代、切手代、宅配便送料等。
④資料・複写費…先行文献・資料等の購入費(税込単価1万円未満)、複写費。
⑤印刷・製本費…冊子等のデザイン・印刷・製本費。
⑥消耗品費…税込単価5千円未満の消耗品費。
⑦その他諸経費…会議費、支払手数料等。

☆助成の対象期間☆
2021 年 4 月 1 日から 2022 年 3 月 31 日に実施する事業
助成金額2021 年度の助成総額は 60 万円以内を予定
助成内容等☆今年度の助成予定総額☆
各助成期(1 年ごと)の助成総額は、前年度の寄付総額にもとづいて決定されます。2021年度の助成総額は 60 万円以内を予定しています。総額の枠内件数・総額を考慮して助成を行うため、申請していただいた額より減額される場合もあります。予めご了承ください。

※詳しくは、『認定NPO法人 新潟NPO協会』ホームページ参照。
募集時期2021 年 1 月 8 日(金)から 2021 年 2 月 8 日(月)17 時必着
リンク先https://www.nan-web.org/donation/safe-strong-free-fund/