2022年度 地球環境基金助成金【LOVE BLUE助成】/独立行政法人 環境再生保全機構

助成団体独立行政法人 環境再生保全機構
助成事業名2022年度 地球環境基金助成金【LOVE BLUE助成】
助成対象 LOVE BLUE 助成への要望は、水辺の清掃活動を含む活動としてください。活動分野は、水辺の環境保全活動として、a 自然保護・保全・復元、b 森林保全・緑化、f 循環型社会形成、g 大気・水・土壌環境保全、h 総合環境教育、i 総合環境保全活動、j 復興支援等、k その他の環境保全活動に限定されます。
 
 助成金の交付を受けることができる団体は、環境保全活動を行う民間の団体で、次のいずれかに該当するものとします。
① 特定非営利活動法人
特定非営利活動促進法(平成 10 年法律第7号)第 10 条の規定に基づき設立された特定非営利活動法人
② 一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成 18 年法律第 48 号)に基づき設立された法人(公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成 18 年法律第 49 号)に基づき認定を受けた法人を含む)又はこれに準ずる非営利法人( ①に該当するものを除く。)
③ 任意団体
法人格を有さず、営利を目的としない民間団体で、次の条件を全て満たすもの
ア.定款、寄付行為に準ずる規約を有すること。
イ.団体の意思を決定し、要望に係る活動を執行する組織が確立していること。
ウ.自ら経理し、監査することができる会計組織を有すること。
エ.活動の本拠としての事務所を有すること。
オ.活動の実績等から見て、要望に係る活動を確実に実施することができると認められること。

ただし、上記に該当する団体であっても、
1)暴力団による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団もしくはその統制下の団体と関係を有していないこと。
2)過去3年以内に本助成金交付事業又は他の補助、助成事業において、「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律」等に基づく交付決定の取消し、返還命令、罰則等の処分を受けたことがある場合、又は、当該処分を受けた際の団体の役員が、代表者又はこれに相当する者として含まれている場合は、助成の対象団体となりません。

☆助成対象団体☆
 助成活動関連分野における活動実績を1年以上有していること。

☆助成対象活動☆
清掃活動など、水辺の環境保全活動



助成金額継続分を含む寄附総額の範囲内(1年間あたり) ※2022年度は総額1350万円(ハ案件)
助成内容等☆助成期間☆
最大3年間

☆助成の対象となる活動の期間☆
2022年4月1日~2023年3月31日

※詳しくは、『独立行政法人 環境再生保全機構』ホームページ参照。
募集時期2021年11月11日(木)正午~2021年12月2日(木)13:00  新規・継続共通
リンク先https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/