2021年度 地球環境基金助成金【プラットフォーム助成】/独立行政法人 環境再生保全機構

助成団体独立行政法人 環境再生保全機構
助成事業名2021年度 地球環境基金助成金【プラットフォーム助成】
助成対象プラットフォーム助成
日本の環境NGO・NPOが他のNGO・NPO などと横断的に協働・連携し特定の環境課題解決のために大きな役割を果たすことを目指す支援


☆助成の対象となる団体☆(全助成金対象)
「民間の発意に基づき活動を行う営利を目的としない法人その他の団体」が対象であり、具体的には次の団体が対象となります。

(1)一般社団法人若しくは一般財団法人に関する法律に基づき設立された法人(公益社団法人若しくは公益財団法人を含む)又はこれに準ずる非営利法人((2)に該当するものは除く。)
(2)特定非営利活動法人
(3)法人格を有していない民間団体で一定の要件を満たすもの

☆助成の対象となる活動☆(全助成金対象)
民間団体が行う環境保全に資する活動で、次のいずれかに該当するものです。

イ.国内に主たる事務所を有する民間団体による開発途上地域における環境の保全を図るための活動
ロ.海外に主たる事務所を有する民間団体による開発途上地域における環境の保全を図るための活動
ハ.国内に主たる事務所を有する民間団体による国内における環境の保全を図るための活動
※当基金以外の国又は国の機関から補助・助成等を受ける活動等は除かれます。

募集の種類等
助成金交付要望に当たっては、次の種類に応じて募集を行います。
【対象となる活動】
様々な団体が連携・協働することで、環境課題解決のため連携基盤を確立し、取り組む環境保全活動

【助成対象団体】
・事務局となる団体は、主たる事務所を日本国内に有していること
・事務局となる団体は、助成活動関連分野における活動実績を1年以上有していること
助成金額200万円~800万円(イ・ハ案件)
助成内容等☆助成期間☆
最大3年間(国際会議などターゲットとする年が明確な場合、その年まで延長を認めることがあります。その後は同一課題については当分の間採択しません。)

☆助成の対象となる活動の期間☆
2021年4月1日~2022年3月31日

※詳しくは、『独立行政法人 環境再生保全機構』ホームページ参照。
募集時期2020年11月5日(木)正午~2020年12月2日(水)13:00  新規・継続共通
リンク先https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/2020_info.html