2021年度 エフピコ環境基金/エフピコ環境基金

助成団体エフピコ環境基金
助成事業名2021年度 エフピコ環境基金
助成対象エフピコ環境基金について
 海洋プラスチックごみ問題及び気候変動をはじめとする環境問題は、様々な要因が複雑に絡み合い、大きな問題となっています。エフピコでは1990年に6店舗のスーパーマーケットの店頭に使用済み食品トレー回収ボックスを設置して、「トレーtoトレー」のリサイクルをスタートさせ、拠点は9,300ヶ所を超える(2020年3月)までになりました。
 皆様のお陰で容器包装リサイクル法に基づく分別・収集の仕組みと合わせて、使用済み食品トレーを資源として有効利用する社会インフラとして定着しております。 
 更に、近年の地球規模の環境問題に対してさまざまな角度から活動をされている団体を助成すべく、2020年3月にエフピコ環境基金を創設致しました。
 環境問題をテーマとする活動への当基金による助成を通じて、持続可能な社会の構築を地域の皆様とともに進めて参りたいと考えております。

☆助成対象分野☆
持続可能な社会構築に寄与する以下①~③の分野であること
プラスチックごみ回収・リサイクルの推進など循環型社会の構築や気候変動問題の解決に貢献する活動
②環境教育・研究
体験型プログラム等を通じて自然環境を大切にする心を育む活動や環境問題を解決するための研究
③「食」課題解決・「食」支援に関わる活動
食育や食の安全・フードロスの対策となる活動
なお、上記①~③の活動は日本国内のみといたします。

☆助成対象団体☆
日本国内に拠点をもつ、以下の条件を満たす団体とします。
①特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人
②教育機関
③地方公共団体

☆助成対象外となる団体
①営利を目的とする団体・事業
②宗教上・政治上の主義を推進、支持し、又はこれに反対することを目的とする団体・事業
③暴力団、暴力団員、暴力団関係者他、反社会的勢力等と交際、関係がある団体
④活動実績が1年に満たない団体
⑤個人事業主
⑥その他、当社がふさわしくないと判断したもの
助成金額1案件当たり上限200万円/年
助成内容等☆助成対象となる費用☆
助成対象となる費用は、活動や事業に必要な経費のうち、以下の項目とします。
①人件費・旅費・交通費・宿泊費(助成金額の30%を上限とします)
②機材及び備品費
③会議費・通信費
④業務委託費
⑤その他経費


※詳しくは、『エフピコ環境基金』ホームページ参照。
募集時期2020年10月1日~2020年12月28日
リンク先https://www.fpco.jp/dcms_media/other/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%83%94%E3%82%B3%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%9F%BA%E9%87%912021%E5%B9%B4%E5%BA%A6%20%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%A6%81%E9%A0%85.pdf