2021年度 日本万国博覧会記念基金/公益財団法人 関西・大阪21世紀協会 万博記念基金

助成団体公益財団法人 関西・大阪21世紀協会 万博記念基金事業部
助成事業名2021年度 日本万国博覧会記念基金
助成対象☆助成の対象となる事業☆
万博の成功を記念するにふさわしく、「日本万国博開催の意図」※の趣旨にかなった次の活動を対象としています。

国際相互理解の促進に資する活動

① 国際文化交流、国際親善に寄与する活動
・国際交流に寄与する活動
・国際協力に寄与する活動
② 教育・学術に関する国際的な活動
・教育に関する国際的な活動
・学術に関する国際的な活動
また、以下の項目に該当する事業を優先的に採択します。
・2025年大阪・関西万博の成功に貢献すべく、2025年万博に向け、1970年万博の理念を継承・発展させ、新たな時代の価値創造へとつなぐ活動
・SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」のターゲット4.1~4.7に該当する活動

※「日本万国博開催の意図」抜粋
「…日本万国博が目指したものは、世界に様々な文明が多元的に共存することを、理解と寛容の精神によって認め、それらの多様性の調和の中にこそ進歩が望まれなければならないという「調和的発展」の精神であった。これは東洋思想の「和の心」を現代世界に呼び戻して東西を結ぶ新しい理念として発展させようとするものであった…」

☆助成の対象となる事業者☆
事業を遂行するに足る能力を有する、国及び地方公共団体を除く公益的な事業を実施する団体とします。
法人格の有無は問いませんが、個人及び営利法人の申請は対象外です。
※営利法人であっても、事業のため実行委員会などを組織されて申請される場合は対象となります。
※国及び地方公共団体が実質的に実施をしているとみなされる事業は、原則として助成の対象から外れる場合があります。

☆国内事業者と国外事業者の区分☆
事業者の所在地によって次のとおり区分しており、募集要項が若干異なります。

国内事業者 ・・・ 日本国内に所在する団体
国外事業者 ・・・ 国外に所在する団体
※国外事業者の募集要項については、こちらをご覧下さい。
助成金額複数年度(最長3年間)総額2000万円(1年間の上限額 1000万円) 数件の採択を予定しています。(該当なしの場合もあります。)単年度助成事業 200万円 数十件程度の採択を予定しています。
助成内容等☆助成の対象となる事業費等☆
1.対象となる費用の範囲は、次の各号に該当する事業に直接必要な経費とします。
①対象となる事業の実施期間中に発生する経費
②助成事業者と異なる者への支払又は給付をする費用
2.次の各号に該当する経費は対象外とします。
①助成事業者の経常的な運営経費
②事務局の人件費
③助成事業者の出演料、謝金
④飲食、観光、アトラクション費、交通費特別料金(航空運賃のファーストクラス及びビジネスクラス・新幹線グリーン車)
⑤参加者等の同伴者の経費(ただし、身体障害者等の同伴者の費用は対象事業費とすることができます。)
⑥事業者の構成団体への支払い(共催事業者、実行委員会の構成団体等)
3.事業によっては、交付決定時に対象事業費の費目を指定する場合があります。

☆助成の対象となる事業の実施期間☆
複数年度助成事業
2021年4月1日から2024年3月31日まで
単年度助成事業
2021年4月1日から2022年3月31日まで


※詳しくは、『公益財団法人 関西・大阪21世紀協会 万博記念基金事業部』ホームページ参照。
募集時期2020年10月1日(木)~2020年10月31日(土)(当日消印有効) ※受付期間経過後は理由の如何を問わず、受理しませんので、ご了承ください。
リンク先http://www.osaka21.or.jp/jecfund/information/